家族の様子が気がかりでした

『仕事で災害対応に従事していたので、 なかなか家に帰ることができず、 家族の様子が気がかりでした。 けれども子どもがボランティアで 避難所の手伝いをしていたので、 そこで会うことができ、ほっとしました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

ボランティアさんのおかげで、復興祈願

『150年続く祭り神社の祭りが、 震災の年はできませんでした。 翌年はなんとか復活させようと、 ボランティアさんに協力をお願いしました。 準備から開催まで、 3日間来ていただきました。 ボランティアさんのおかげで、 復興祈願ができました』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

未来の社会を考え、融合しなければ

『生活再建の見通しも立たない中ですが、 被災者一人ひとりが、 現在の自分だけを考えるのではなく、 未来の社会を考え、融合しなければ、 復興への出口にたどり着かないかもしれないと 思うようになりました』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む

責任感が原動力

『災害対応の仕事をするにあたっては、 責任感が原動力だったと思います。 困っている人が目の前にいましたから。 それに一緒に働く人たちの中にも、 自宅が被害を受け 避難所生活をしている人もいたので、 私も頑張らないととも思いました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

少しずつ明るさを取り戻しました

『生活物資やお風呂提供の支援を受けつつ、 被災した住居の片付けをして、 1カ月ほどを過ごしました。 仕事再開の準備も始めました。 小学校の子どもたちが、 獅子舞で激励してくれました。 少しずつ明るさを取り戻しました』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

食事を残してしまい、申し訳なかった

『震災から4カ月がたった頃、 集いに呼ばれて参加しました。 貸し会議室が予約できなかったそうで、 レストランが会場となり、軽食が用意されていました。 震災の直後はおにぎり一つに感謝したのに、 食事を残してしまい、申し訳なかったです』 (阪神大震災から3年/神戸市)

続きを読む

LINEでグループを作り、情報共有

『震災後は、職場内が混乱し、 普段どおりの連携ができなくなりました。 そこで急遽、LINEでグループを作り、 情報共有をするようにしました。 全員の動きが把握でき、 仕事が前に進むようになりました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

自分たちでできることみつけて

『避難所で暮らす間の 生活用水を確保するために、 住民で協力して、沢水を引くことにしました。 自分たちでできることみつけて、 少しずつ動き始めました』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

収支報告は必要ないと思っていましたが

『団体を作ってボランティア活動を始めました。 活動費は全て私が負担するので、 収支報告は必要ないと思っていましたが、 仲間から公開を求められました。 公開すると、寄付してくれるひとも現れましたし、 続ける上で必要だったと思います』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む

班を決めて、リーダーを中心に活動

『届いた物資を集約する置き場では、 置き場の配置を決めたり、 受入記録様式を作成したりすることで、 管理に努めていました。 在庫管理や輸送などの班を決めて、 リーダーを中心に活動をしました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む