生活再建はまだまだこれから

『震災から半年以上経ちましたが、 住宅被害を受けた人たちの 生活再建はまだまだこれからです。 地震は続いていると感じています』 (熊本地震から7カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

家族全員が一緒に暮らせるようになれば

『浜では震災後、 若い人たちは市街地のアパートや仮設住宅に住み、 老夫婦は浜の仮設に残っていて、 それぞれ家族がバラバラになった状態が続いています。 早く高台に集団移転して、 家族全員が一緒に暮らせるようになれば と思います』 (東日本大震災から1年/石巻市/男性)

続きを読む

私たちはどうしたら変われるんだろう

『阪神大震災を経験して思ったのは、 私たちはどうしたら変われるんだろう ということ。 自分たちの弱点や社会の欠陥から目を背けず、 真正面から問題解決に向き合う勇気が 私たちに欠けているのではないでしょうか』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む

支援につながる活動が動き出し

『仮設住宅に入居した人たちの見守り活動が、 震災の半年後から始まりました。 住民の声やニーズが、丁寧に拾われて、 支援につながる活動が動き出し、 安心しました』 (熊本地震から7カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

思うような収入が見込めない状況ですが

『近くの浜で暮らしていて 津波被害を受けた人たちは、 その多くが養殖を生業としていました。 震災から1年たっても、 仕事の回復は半分以下です。 思うような収入が見込めない状況ですが、 みんな頑張っています』 (東日本大震災から1年/石巻市/男性)

続きを読む

行動できるようにならなければ

『復興の過程において、 たくさんの試練があります。 社会に対して何かを求めるのではなく、 自分に何ができるのかを模索し、 行動できるようにならなければと 思うようになりました』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む

自分の気持ちと世間とのギャップ

『私自身は震災から1カ月たっても、 震災復旧でいっぱいいっぱいの日々でした。 けれども、子どもの学校行事が行われたり、 お店が再開したりして、日常が戻り始めたので、 自分の気持ちと世間とのギャップを感じました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

津波で何もかもが流されて

『震災当時と比べると、 浜がきれいになりました。 ガレキなどが片付けられたからですが、 津波で何もかもが流されて 無くなってしまったからとも言えると思います』 (東日本大震災から1年/石巻市/男性)

続きを読む

自分にできることを探して行動

『国の内外から 被災地に対して寄せられた支援に感謝し、 自分にできることを探して 行動してきました。 自分と社会が一体になったと 実感しました』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む