近所の子どもたちの元気な声

『地震で家を失った上に、 その2カ月後、家族を亡くしました。 悲しみに打ちひしがれていた私を 現実に引き戻してくれたのは、 近所の子どもたちの元気な声でした』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代女性)

続きを読む

職場の同期に連絡をとり、仕事場に

『家族で夕食を取っていたときに 地震が起こりました。 揺れに驚いて、テーブルの下に隠れました。 それから職場の同期に連絡をとり、 仕事場に向かいました』 (熊本地震から7カ月/大津町/10代男性)

続きを読む

ニーズに対応させました

『災害復旧のボランティア活動をするにあたり、 被災された方々からの ニーズ把握に力を入れました。 また、ボランティアさんについても どういう活動ができるのかを聞き、 ニーズに対応させました』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

ガレキのある道を助け合いながら

『震災で自宅が半壊となり、 余震が怖かったので避難することにしました。 車椅子の家族を連れて、 ガレキのある道を助け合いながら 約30キロ歩いて行きました』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代女性)

続きを読む

経験を生かして防災の取り組みを見直そう

『震災で改めて、 地域での防災活動や計画が重要だと感じました。 熊本地震の経験を生かして 防災の取り組みを見直そうという話が出ていて、 よりリアリティのあるものにしたいと思っています』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

活動資金を得ることが課題

『オリジナルグッズを多くの方が買ってくださったことが ボランティアグループの復興活動を 勢いづけてくれました。 今後も団体を継続させるために、 他の方法で活動資金を得ることが課題となっています』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

なじみのある街で新しい商売を始めると

『震災後になじみのある街で新しい商売を始めると、 応援してくれる人がいる一方で、 非難する声も多く聞こえました。 自分たちが生活していくためにも、 応援だけをたよりに軌道に乗せ、 街に溶け込んでいきたいです』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代女性)

続きを読む

日常生活に戻ると、気持ちが明るくなります

201204 『震災の後、復旧から復興へと 徐々に移っていきます。 精神的なものを考えると みんなそれぞれでがんばって、 復旧はできるだけ早く終えるほうがいいですね。 日常生活に戻ると、気持ちが明るくなります』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

街の将来のため

『津波で多くの人が 自宅や職場、自営業の店などを失いました。 それぞれの再建だけでも大変ですが、 同時に地域の復興も進みますので 地域での会議なども増えて忙しいです。 しんどい時もありますが、街の将来のためです』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

工事関係の人から一般の人へと

『震災から2年が経つと、 街を行き交う人々が、工事関係の人から 一般の人へと変わってきました。 日常が戻ってきたように感じますが、 町並みは、空き地と駐車場が目立っています』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代男性)

続きを読む