食事を残してしまい、申し訳なかった

『震災から4カ月がたった頃、 集いに呼ばれて参加しました。 貸し会議室が予約できなかったそうで、 レストランが会場となり、軽食が用意されていました。 震災の直後はおにぎり一つに感謝したのに、 食事を残してしまい、申し訳なかったです』 (阪神大震災から3年/神戸市)

続きを読む

LINEでグループを作り、情報共有

『震災後は、職場内が混乱し、 普段どおりの連携ができなくなりました。 そこで急遽、LINEでグループを作り、 情報共有をするようにしました。 全員の動きが把握でき、 仕事が前に進むようになりました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

自分たちでできることみつけて

『避難所で暮らす間の 生活用水を確保するために、 住民で協力して、沢水を引くことにしました。 自分たちでできることみつけて、 少しずつ動き始めました』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

収支報告は必要ないと思っていましたが

『団体を作ってボランティア活動を始めました。 活動費は全て私が負担するので、 収支報告は必要ないと思っていましたが、 仲間から公開を求められました。 公開すると、寄付してくれるひとも現れましたし、 続ける上で必要だったと思います』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む

班を決めて、リーダーを中心に活動

『届いた物資を集約する置き場では、 置き場の配置を決めたり、 受入記録様式を作成したりすることで、 管理に努めていました。 在庫管理や輸送などの班を決めて、 リーダーを中心に活動をしました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

外部から物資が入ってくる状態にしよう

『津波被害をうけ、 地域の復旧をどうすればいいか 住民で話し合いました。 まず道路を車が走れる状態にし、 外部から物資が入ってくる状態にしようと決めました』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

ヘリコプターが気になり始めました

『震災から3日目、 取材で飛来するマスコミのヘリコプターが 気になり始めました。 特に大型のヘリコプターが上空を通過する時、 桁外れの衝撃で、 ドアや窓が激しく揺れ、会話が遮られました』 (阪神大震災から3年/神戸市/40代男性)

続きを読む

代用品を手に入れたり、作ったりできないか

『震災直後の避難所では、 避難者数に対し、備蓄が足りない状況でした。 外部から送られてくる物資も最初は少なかったので、 代用品を手に入れたり、作ったりできないか、 考えることも必要でした』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

避難所での生活が突然始まりました

『昔ながらの漁村と港の風景が残る村でしたが、 津波の被害を受け、 浜はガレキで埋まり、 陸には漁船が打ち上げられ、 すごい惨状になりました。 避難所での生活が突然始まりました』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

柔軟な対応が必要

『地域の復興過程では、 住民同士で意見の対立が起こりました。 一つの意見に簡単にまとめられる問題ではないので、 自分たちで調べたり、第三者の意見も聞いたりして、 妥協案を見つけ出すなど、 柔軟な対応が必要だと思いました』 (阪神大震災から3年/西宮市/30代女性)

続きを読む