諦めざるを得ませんでした

『築120年くらいの旧家が、地震で半壊になりました。
さらに雨の影響も受け、家の中がめちゃくちゃになり、
補修は諦めざるを得ませんでした。
先祖から受け継いだ家族の思い出の品も、
5分の1くらいしか残せず、
悔しいです』

(熊本地震から1年/南阿蘇村/70代男性)

"諦めざるを得ませんでした"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: