家族3人が別々のところへ

『震災で自宅を失い、住む家が無かったので、 家族3人が別々のところへ行き、 仮住まいをすることになりました。 再び一緒に暮らせるようになったのは、 震災の年の10月でした』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

届いたのは約1カ月後で

『熊本地震の時は、 ブルーシートがほしいという要望が多く、 町の災害復旧でも使われていたので なかなか手に入らない状況でした。 届いたのは約1カ月後で、 10トントラック10台分ぐらいが町に届き、 これも大変でした』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

何事もなかったようにすくすくと成長

『震災から1年半が経ちました。 子どもたちは元気に、何事もなかったように すくすくと成長してくれています。 その様子を見ながら、 前向きに頑張っていきます』 (東日本大震災から1年/石巻市/30代女性)

続きを読む

生活を一から立て直そうという思い

『全壊した家屋から 取り出せる家財が少しはありました。 けれども保管場所がなく、 生活を一から立て直そうという思いもあり、 手放すことにしました。 今になって時々後悔します』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

物資の把握に時間がかかりました

『届いた物資と配布した物資の量を 種類毎に記帳して管理していましたが、 量が多くて追いつかず、できなくなりました。 1つの段ボールに様々なものを入れて 送ってくださる方もいて、 箱の大きさもバラバラで 物資の把握に時間がかかりました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

応援してくださった方々のおかげ

『震災で辛い思いをした私たちが 笑顔でいられるのは、 応援してくださった方々のおかげだと 感謝しています。 いろんな人との出会いを大切にしていきたいです』 (東日本大震災から1年/石巻市/30代女性)

続きを読む

家は失ったけれども何とかしてやっていこう

『震災で全壊した家屋から 私が助け出していただけたのは、 奇跡としか思えませんでした。 その直後から、 「家は失ったけれども何とかしてやっていこう」 という思いが募りました』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

次から次へと水が届き

『被災地で水が不足していると報道されると、 次から次へと水が届きました。 ありがたいことなのですが、 置き場所が無くなり、 他の避難所に回しても同じ状況で困りました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

たくさんの方にご支援いただいた実感が湧いてきて

『金銭的なご支援をくださった方々が 来てくださったので、 地域を案内し、 変わり果てた様子を見ていただきました。 話をしているうちに、 たくさんの方にご支援いただいた実感が湧いてきて、 涙が止まらなくなりました』 (東日本大震災から1年/石巻市/30代女性)

続きを読む

命があることに感謝

『震災で、隣人や知人が大勢亡くなりました。 私自身は家の下敷きになり、 1時間近く身動きできない状況でした。 奇跡的に助けていただき、 命があることに感謝しています。 そして、自然の怖さを実感しています』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む