教訓を盛り込んだ防災マニュアルがあればいいのでは

『大地震を体験したからこそ、 これからは災害に強い街にするために じっくりと腰を据えて取り組まなければと 思うようになりました。 教訓を盛り込んだ 防災マニュアルがあればいいのではないでしょうか』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

携帯ラジオから流れる情報だけが頼り

『津波の後、がれきの山ができ、 どこから手をつけたらいいか わからない状態でした。 見たくも無いと何度思ったことでしょうか。 ライフラインが寸断され、 携帯ラジオから流れる情報だけが頼りでした』 (東日本大震災から2年/石巻市/60代男性)

続きを読む

近所の人たちで助け合わなければ

『広域大災害が起こると、 頼りになるのは同居家族と近所の人たちです。 昼間に発生すると家族もばらばらなので、 近所の人たちで助け合わなければなりません。 公的な救助が自分の所に来てくれるには、 早くても数時間はかかりますから』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む

誰があれほどの甚大な被害を想像したでしょうか

『津波は想像を絶するものでした。 自然を破壊し、全ての財産、生命までも 一瞬のうちに奪い去りました。 誰があれほどの甚大な被害を 想像したでしょうか。 誰の想像をも超えていたと思います』 (東日本大震災から2年/石巻市/60代男性)

続きを読む

自然の姿におびえながらの暮らしでした

『被災地での暮らしは、 都市の文明の中に住みながらも、 太古の人間のように自然の姿に おびえながらの暮らしでした。 子どもを公園に連れて行くのも、 隆起した道路やつぶれた車、 1階がなくなった建物を見ながらでした』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む

顔がわかる関係づくりが進めば

『震災でコミュニティでの支え合いの 大切さを実感しました。 震災がきっかけとなり、 隣人や同じ地区の人の顔がわかる 関係づくりが進めばいいなと思います』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

町が少しずつ落ち着きを取り戻しているようなので

『震災から2カ月余り、 県外で過ごしていました。 戻ることができないかもしれないという 覚悟の上でのことでしたが、 町が少しずつ落ち着きを取り戻しているようなので、 帰ることにしました』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む

思いやりのある言葉をかけていただいて

『大きな災害を経験すると、 人それぞれが持つ、 いろんな部分が見えるんですね。 大変なときに、 思いやりのある言葉をかけていただいて、 元気になれたことがありました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む