前震とは全く違うものでした

『就寝中に起こった本震は、 揺れている時間の長い横揺れで、 前震とは全く違うものでした。 すぐに停電し、断水にもなって、 大変なことになったと思いました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

情報共有の場を作り、連携体制を取る

『震災後、たくさんのNPOやボランティア団体が 支援に駆けつけてくださいました。 その活動は自発的なものであるため、 全体の動きを把握するのが難しいのですが、 情報共有の場を作り、 連携体制を取ることにしました』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

植栽は全くありません

『少ない予算で住宅を再建したので、 外構工事にお金を使うことができず、 植栽は全くありません。 神戸に戻りたいと思って実現したものの、 少し寂しさを感じます』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

連携が力になる

『震災直後から、 災害支援経験のあるボランティア団体が 来てくださいました。 物資の配布や炊き出し、泥だしなどの活動が 始まりました。 みるみるうちにガレキが片付けられ、 連携が力になると感じさせてくれました』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

面積が狭く、資金も少なかったために

『震災から2年半後に、 元の土地に住宅を再建しましたが、 面積が狭く、資金も少なかったために、 完全なバリアフリーにはできませんでした。 新しい我が家ですが、 なんとも煮え切らない気持ちです』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

すぐに別棟に必要機材を運び出しました

『地震が起こった瞬間、 職場のことが心配になりました。 建物が古く、耐震性に不安があることは 以前から聞いていたので。 建物自体の被害状況は大丈夫でしたが、 すぐに別棟に必要機材を運び出しました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

大々的な募金活動が始まり

『東日本大震災の後の台湾では、 あちこちで日本の事が話題に上り、 心配されていました。 そして大々的な募金活動が始まり、 総計200億円規模の募金が集まったことに、 信じられない思いでした』 (東日本大震災から1年/台湾/女性)

続きを読む

病気にならないようにしなければ

『老後のために蓄えていたお金だけでは 住宅の再建ができず、 資金を借りることにしました。 返済するために、 とりあえず病気にならないようにしなければと、 願うようにして生きています』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

すぐに着替えて職場に向かいました

『震度5以上の地震が起こると、 職場に行くことになっていました。 家の中の物は倒れましたが、 大きな破損はなく、家族のケガもなかったので、 すぐに着替えて職場に向かいました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む