「温度差」という言葉

『震災からしばらくして
「温度差」という言葉を耳にするようになりました。
被災地外の多くの人にとっては
すでに終わった過去の出来事になっていて、
知人との会話でも
被災地はもう大丈夫だと思われていると感じ、
胸の内がもやもやしました』

(阪神大震災から4年/神戸市/50代女性)

この記事へのコメント