マニュアル通りの震災対応ができるように

『地震から時間が経つにつれて、
避難所に身を寄せる人たちが減り、
避難所自体も指定された場所に徐々に集約されました。
マニュアル通りの震災対応が
できるようになったのはそれからで、
直後の人があふれている状態で難しかったです』

(熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

この記事へのコメント