隣の家と重なり合っていたので

『地震で倒壊した家屋から手作業で
衣類や家財道具を取り出しましたが、
肝心のものは家屋を解体しないと
取り出せない状況でした。
隣の家と重なり合っていたので、
解体工事には隣人の了解が必要でした』

(阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

この記事へのコメント