真夜中に息子が迎えに来てくれました

『近所の中学校に避難し、
一晩を過ごすつもりでいましたが、
真夜中に息子が迎えに来てくれました。
一時的に息子の家に身を寄せ、
ゆっくりと身体を休めることができました』

(阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

この記事へのコメント