生活を一から立て直そうという思い

『全壊した家屋から
取り出せる家財が少しはありました。
けれども保管場所がなく、
生活を一から立て直そうという思いもあり、
手放すことにしました。
今になって時々後悔します』

(阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

この記事へのコメント