チラシやポスターが氾濫しました

『震災直後の街には、
おびただしい数のチラシやポスターが氾濫しました。
家族の無事を知らせるものや尋ね人、
救援物資の説明や
地域情報を知らせるミニコミ誌もありました』

(阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

この記事へのコメント