仲間や近隣の人とのネットワークが特に必要

『持病のある人は災害に備え、
治療に必要な最低限の知識や
食料や水の備蓄、
そして仲間や近隣の人との
ネットワークが特に必要です』

(阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

この記事へのコメント