まずは身近な人たちに話していきたい

『震災の経験や、経験して思ったことを、
家族や友人、職場の同僚など、
まずは身近な人たちに話していきたい。
地域の活動や同窓会、趣味のサークルへの参加も
おっくうがらずに参加して、
対話の輪をひろげていきたいです』

(阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

この記事へのコメント