復興事業の大きさに唖然としました

『震災から1カ月が過ぎた頃、
行政からの説明会があると聞き行ってみると、
配付資料に、区画整理事業や減歩、
清算金、換地という、
初めて聞く言葉がありました。
説明を受けて意味はわかりましたが、
復興事業の大きさに唖然としました』

(阪神大震災から3年/芦屋市/30代女性)

この記事へのコメント