情報交換は、初期の段階から必要だった

『震災から2週間が過ぎた頃に、
ボランティア団体の連絡協議会のようなものが
できはじめました。
情報交換は、初期の段階から
必要だったように思います。
ボランティアコーディネーターの養成も
将来の課題でしょうね』

(阪神大震災から2年/神戸市/50代男性)

この記事へのコメント