一人で避難場所へ

『一人で家にいたときに、
地震にあいました。
布団を頭からかぶって、
揺れが収まるのを待ってから、
一人で避難場所へ走って行きました。
学校で、
「お父さんやお母さんのことは考えず、
まず自分一人でも生き延びろ」と
言われていたからです』

(東日本大震災から2年/釜石市/9歳)

この記事へのコメント