中学生が私のリュックを持って、一緒に峠まで

『たどり着いた避難場所から、
津波のしぶきが見えました。
少しパニックになっていたところ、
近くにいた中学生が私のリュックを持って、
一緒に峠まで逃げてくれました。
中学生は訓練していたからか、
冷静に行動していて心強かったです』

(東日本大震災から2年/釜石市/60代女性)

この記事へのコメント