余震が起こる度に、楠の下に

『そろそろ起きようと思った時に、
地震が起こりました。
すぐに外へ出て、
お寺の境内に行きました。
関東大震災を経験した祖母が
「地震の時は大きな木の下が安全」と
教えてくれたことを思い出し、
余震が起こる度に、楠の下に身を寄せました』

(阪神大震災から2年/神戸市/40代男性)

この記事へのコメント