小さな歩みであっても進んでいこう

『復興が進み、壊れたものが新しくなるにつれて、
人々の記憶から震災は薄らいで行くのだと思います。
心の傷を抱えながらも、
少しずつ、小さな歩みであっても進んでいこうと、
最近になってやっと思えるようになりました』

(阪神大震災から2年/宝塚市/30代女性)

この記事へのコメント