普段の近所づきあいの中でお互いを理解

『古くから暮らす人が多く
コミュニティがしっかりしているところは、
普段の近所づきあいの中でお互いを理解できるんです。
だから、新しい住民が多い地域と比べて、
災害時の連携がうまくいく傾向にあったと思います』

(熊本地震から9カ月/大津町/30代男性)

この記事へのコメント