大学生のボランティアさんが手伝ってくれました

『大きな揺れで私の家は全壊し、
2階の屋根が人の目の高さにまで下がりました。
生活に必要なものも埋まってしまいましたが、
建物の解体時になんとか取り出し、
運ぶのは大学生のボランティアさんが手伝ってくれました。
ありがたかったです』

(阪神大震災から3年/芦屋市/60代女性)

この記事へのコメント