一人一人が自らの命を守ることができるよう

『二度とこのような悲劇を起こしてはいけません。
震災の記録をきちんと書き残し、
後世に伝えるとともに、
防災意識の向上に努めることが重要です。
一人一人が自らの命を守ることができるよう
願っています』

(東日本大震災から5年/釜石市/60代男性)

この記事へのコメント