暮らしのお手伝いをすすめなければ

『高台移転事業が進んでいますが、
医療・福祉の充実も大切な要素で、
それを無くして安心して暮らせません。
復興事業が予定通りに進まないようですが、
医療・福祉の専門家チームで、
暮らしのお手伝いをすすめなければと思っています』

(東日本大震災から3年/石巻市/30歳男性)

この記事へのコメント