震災を語り合うこともなくなり

『震災が起こった冬は、
みんなが同じ目標に向かっていました。
みんなが他人の役に立とうとしたし、
自分のいい面を見つけることもできました。
ところが2年経つと、震災を語り合うこともなくなり、
あの日を忘れたかのようです』

(阪神大震災から3年/神戸市/30代男性)

この記事へのコメント