復興までの変遷を残そうと思います

『大学は、震災や復興に関係する人々の
認識を共有するハブの機能を果たすべきだと考えます。
地震と津波という未曾有の経験を、
そして現場の苦悩をできる限り記録し、
復興までの変遷を残そうと思います』

(東日本大震災から6年/仙台市/70代男性)

この記事へのコメント