私の中にある喜びの感情に気づきました

『震災で主人を亡くし悲しみの日々を送っていました。
このままではいけないと思い、
自分史を書くことにしました。
書き終えると心に変化が起こり、
私の中にある喜びの感情に気づきました。
生かされた私の命を大切にしようと思っています』

(阪神大震災から3年/明石市/50代女性)

この記事へのコメント