仮設住宅では集落ごとにまとまって入った方が

『震災後、集落の人々がバラバラに避難したので、
自治会長として各避難所を回り続けました。
仮設住宅では集落ごとにまとまって入った方が、
コミュニケーションが円滑で
健康な暮らしができるだろうと思い、
役所へ提案しました』

(東日本大震災から6年/名取市/80代男性)

この記事へのコメント