妻が生きていたら地域活動に精を出しているだろうな

『震災時、私の妻は地域のお年寄りを助け回り、
津波にのみ込まれてしまいました。
妻が生きていたら地域活動に精を出しているだろうなと思い、
震災後、私がお年寄りのお世話をし続けています。
私なりの供養です』

(東日本大震災から6年/名取市80代男性)

この記事へのコメント