一人ではできないことを成し遂げた

『仮設住宅の運営は、大変でした。
それほど役に立てなかったことを思うと
悔しさもありますが、
住民の方やボランティアさんのおかげで、
一人ではできないことを成し遂げたという
自信もつきました。
気力さえあれば何でもできると思います』

(阪神大震災から5年/神戸市/50代男性)

この記事へのコメント