その服しかなかったのです

『震災時は勤めていたので、
枕元に翌日着る服を用意して寝ていました。
地震で飛び起き、着替えて外に出た数時間後に、
火事で家を失いました。
テレビ取材を受けると、見ていた知人が、
「いい服を着てたね」と。
その服しかなかったのです』

(阪神大震災から22年/神戸市/80代女性)

この記事へのコメント