年なので、娘の近くがいい

『津波で漁村にあった家が流されました。
年なので、娘の近くがいいと思い、
まちで再建しました。
漁村を離れて寂しいですが、
娘とすぐ会えるし、
もう一人いる娘一家が来たときには、
近くの温泉で一緒に泊まります。
楽しみが増えました』

(東日本大震災から6年/石巻市/80代男性)

この記事へのコメント