皆がお互いに理解、尊重できる町にしたい

『地震の後1カ月ぐらいは、
被災地全体が優しかったです。
社会的地位とか、経済力とか、
民族などの違いの壁が、取っ払われたんです。
今は、元に戻ってしまいましたけど、
これからつくる町は、
皆がお互いに理解、尊重できる町にしたいです』

(阪神大震災から4年/神戸市/30代男性)

この記事へのコメント