家を確認に行くと、中がぐちゃぐちゃ

「前震では家の被害は免れましたが、
本震で玄関の扉が開かなくなりました。
30分くらい余震の揺れが収まるのを待ってから、
歩いて避難所に行きました。
夜が明けてから家を確認に行くと、中がぐちゃぐちゃ。
精神的に落ち込みました」

(熊本地震から1年/南阿蘇村/70代男性)

この記事へのコメント