動転していたんですね

『倒壊した家の中に屋根から入ろうとした時、
梁(はり)がない所に足を入れたら落ちると思い、
家族に「落ちるなよ!」と声をかけました。
よく考えると、すでに屋根と天井が床まで落ちてるので、
これ以上抜けるはずがないんです。
冷静なつもりでしたが、動転していたんですね』

(熊本地震から1年/益城町/60代男性)

この記事へのコメント