家族の写真を焼いてしまったのがさみしい

『震災後に起こった火災で
自宅を失いました。
まさか焼けるなんて思っていなかったから
何も持たずにパジャマのまま避難しました。
モノは手に入るのでいいですが
家族の写真を焼いてしまったのがさみしいです』

(阪神大震災から8年/神戸市/60代女性)

この記事へのコメント