人生の思い出が地域にある

『震災前にいた町で
人生の半分を過ごしました。
人生の思い出が地域にあるんです。
だから離れて暮らしても
自分の思い出やなつかしさを捨てることは
人間としてできません』

(阪神・淡路大震災から5年/神戸市/70代男性)

この記事へのコメント