待っているだけではダメ

『震災からのまちの復興では
 多様性を認め合い、
 自分たちのまちは自分たちで
 汗を流して作ることが大切。
 待っているだけではダメだと
 気がつきました』

(阪神・淡路大震災から5年/神戸市/60代男性)

この記事へのコメント