無理せず長く続けていきたい

『地域を早く復興させたいと 住民交流を目的としたイベントが よく開催されるようになりました。 みんなで協力し合い、 無理せず長く続けていきたいです』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

何が起こったのかわからず

『寝ている時に地震が起こり、 これまでに経験したことがない揺れだったので、 何が起こったのかわからず不安がこみ上げてきました。 地震だと聞いても、 近所の人が避難する様子を見ても、 まだ何が起こったのか実感が湧きませんでした』 (阪神大震災から4年/神戸市/10代女性)

続きを読む

防災セットを自宅に用意

『熊本でこのような大きな地震が起こるとは 思っていなかったので、 災害対策を怠っていました。 今は着替えや水などを入れた防災セットを 自宅に用意しています』 (熊本地震から7カ月/大津町/20代男性)

続きを読む

普段着で寝るほど

『私は震災で自宅が全壊しました。 地震の体験は、 あれから4年経った今でも すぐに逃げられるように普段着で寝るほど、 怖いものでした』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代女性)

続きを読む

自分の座席で仕事ができるだけでも

『私の職場では、 震災から3カ月ぐらいたった時に、 通常業務ができるようになりました。 自分の座席で仕事ができるだけでも ありがたいと思えましたし、 緊張状態から開放されたように思います』 (熊本地震から7カ月/大津町/20代男性)

続きを読む

震災の後で初めて知ることも

『地域に関わる組織は以外とたくさんあって、 どのような活動を、どのような人たちがしているのか、 震災の後で初めて知ることもありました。 自分の地域のことを あまりわかってなかったなと思います』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

私を探していたという人も

『被災地を毎日歩き回って、 避難先が書かれている掲示板やノートを見つけては、 知人の名前がないか、目を通しました。 避難先を訪ねると、私を探していたという人もいて 感謝の気持ちでいっぱいになりました』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代女性)

続きを読む

お互いを知ることが必要

『震災がきっかけに、 地域間の新たな交流が生まれました。 より深いものにするには、 お互いを知ることが必要だと思うので 地域の情報発信を続けていきたいと思います』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む