真夜中に息子が迎えに来てくれました

『近所の中学校に避難し、 一晩を過ごすつもりでいましたが、 真夜中に息子が迎えに来てくれました。 一時的に息子の家に身を寄せ、 ゆっくりと身体を休めることができました』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

とりあえず目の前にある問題を解決

『災害後の避難所は、 何をするにも人が足りず、混乱しました。 物資の配布や避難者の誘導など、 やるべき事ができていない中で、 避難している方々からの個別質問もたくさんありました。 とりあえず目の前にある問題を 解決していきました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

どういう方々が、どうやって活動しているのかがわかるように

『NPOやボランティアグループが どういうものなのかよくわかりませんでした。 震災でみなさんの活躍を目の当たりにし、 たくさんのご支援をいただいて初めて、 どういう方々が、どうやって活動しているのかが わかるようになってきました』 (東日本大震災から5年/石巻市/40代男性)

続きを読む

どのように過ごしたのか全く記憶がありません

『戸建て住宅が立ち並ぶエリアに、 我が家はありました。 地震で近所の数軒と同一方向に倒れ、 お二人の方が亡くなりました。 私は地震が起こった当日、 どのように過ごしたのか全く記憶がありません』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

物資の支援要請ができない状態でした

『避難所に行っても、 救援物資がいつ届くのかがわかりませんでした。 避難者が何人いて、 何をどのぐらい必要としているのか 把握することもできないので、 外部への物資の支援要請ができない状態でした』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

現場のニーズや復興のフェースに合わせた様々な活動

『震災後のボランティア活動は、 避難所支援や物資配布、 泥出し、ガレキ撤去から始まり、 徐々に祭りの支援やコミュニティ支援などへ 展開されました。 現場のニーズや復興のフェースに合わせた 様々な活動が行われました』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

倒壊した家屋に埋まった経験が

『昭和21年に、高知市内で南海道地震に遭い 倒壊した家屋に埋まった経験があります。 阪神淡路の時の住まいは神戸。 揺れた瞬間に自宅が倒壊することを覚悟し、 身を守りました。 全壊でしたが、幸いにも家族は無事でした』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

想定通りに使える状態ではありませんでした

『指定避難所は、 地震でガラスが割れたり 物が落ちてきていたりしたので、 想定通りに使える状態ではありませんでした。 車で避難所に来ていた人はグラウンドで車中泊をして、 車では無い人は使える場所を譲り合いました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

被災者が自炊できるよう

『震災直後は 被災者への食事提供が緊急課題となる中、 全国から多くの炊き出しボランティアが 来てくださいました。 緊急期を過ぎてからは、 被災者が自炊できるよう、 食材や器材の提供に移り変わっていきました』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む