活動の一環として、震災後は被災者支援に

『従来から市内では市民活動が活発で、 環境や福祉など、 さまざまなテーマで活動されていました。 その活動の一環として、 震災後は被災者支援に取り組まれた団体が 数多くあり、復興の力になりました』 (東日本大震災から5年/石巻市/50代男性)

続きを読む

同意が得られなければ進められませんでした

『倒壊した家屋を早く解体したかったのですが、 近隣の家々が互いに重なり合うように倒れ、 4軒の同意が得られなければ 進められませんでした。 解体に同意しても、業者の同意が得られないなど、 歯がゆい思いをしました』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

マニュアル通りの震災対応ができるように

『地震から時間が経つにつれて、 避難所に身を寄せる人たちが減り、 避難所自体も指定された場所に徐々に集約されました。 マニュアル通りの震災対応が できるようになったのはそれからで、 直後の人があふれている状態で難しかったです』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

地域の新たな取り組みとして継続

『遠方から復旧や復興の支援に来てくださった ボランティアグループの中には、 活動を地域の方々に繋ぎ、 被災地支援活動を終えられた団体もありました。 震災がきっかけで始まった 地域の新たな取り組みとして継続されています』 (東日本大震災から5年/石巻市/40代男性)

続きを読む

隣の家と重なり合っていたので

『地震で倒壊した家屋から手作業で 衣類や家財道具を取り出しましたが、 肝心のものは家屋を解体しないと 取り出せない状況でした。 隣の家と重なり合っていたので、 解体工事には隣人の了解が必要でした』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

実際には想定の4倍以上の場所で

『指定避難所以外にも、 公園や駐車場に自主避難する人がいました。 そのため、実際には想定の4倍以上の場所で、 被災者が集まっていたと思います』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

地域との関係性を持ち、住民と協力しあって

『復旧や復興の支援に来てくださった ボランティアさんたちは、 地域との関係性を持ち、 住民と協力しあってくださった方が 多かったように思います。 それが活動の継続に繋がったのかもしれません』 (東日本大震災から5年/石巻市/40代男性)

続きを読む

見つかって嬉しかったのは入れ歯

『地震の翌日から、家族総出で 倒壊した家屋から大事なものの発掘を始めました。 見つかって嬉しかったのは入れ歯です。 見つかるまでの1日は仕方なく、 食べ物を飲み込んでいたのです』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む

変更すべき点がたくさんありました

『災害が発生した時のために、 避難所などでの役割分担が 事前に決まっていましたが、 実際には、 想定していた人が全員は集まることができなかったり、 避難者数や集まった物資の量が違ったりして、 変更すべき点がたくさんありました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

復興に向けての大きな後押し

『全国から来てくださったボランティアさんたちが、 地域の状況の変化に合わせて 様々な支援をしてくださいました。 その活躍が復興に向けての 大きな後押しとなりました』 (東日本大震災から5年/石巻市/40代男性)

続きを読む