家は失ったけれども何とかしてやっていこう

『震災で全壊した家屋から 私が助け出していただけたのは、 奇跡としか思えませんでした。 その直後から、 「家は失ったけれども何とかしてやっていこう」 という思いが募りました』 (阪神大震災から4年/神戸市/60代男性)

続きを読む