差がどんどん大きくなっているよう

『震災はまだ終わっていません。 あの日から人生が止まっている人と、 普通に幸せそうに過ごしている人との差が、 どんどん大きくなっているように感じます。 時間は残酷だと思います』 (阪神大震災から4年/明石市/30代女性)

続きを読む

その場で臨機応変に対応しました

『避難所で被災者支援をするにあたって、 マニュアルどおりに進めようとしましたが、 どのようにしたらいいかについて 具体的な方法までは書かれていませんでした。 その場で臨機応変に対応しました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

前に進めずにいる人たちもたくさんいます

『震災から一年半が経ち、 世間では被災地への関心が 薄れつつあると思います。 けれども、震災から時が止まり、 前に進めずにいる人たちもたくさんいます』 (東日本大震災から1年/石巻市/30代女性)

続きを読む

翌日になって少し落ち着き、マニュアル通りに

『職場では、 災害時の初動マニュアルを作っていましたが、 初日はあまり関係なく、 目の前のことを必死でやっていました。 人も全員は揃っていなかったので。 翌日になって少し落ち着き、 マニュアル通りに動くようになりました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

直接お会いすることができました

『遠方から、私たちのために 物資を送ってくださった方と、 直接お会いすることができました。 一人ひとりの人柄を感じ、 いただいたご厚意に胸が熱くなりました』 (東日本大震災から1年/石巻市/30代女性)

続きを読む

今も大変な苦労をしている人が大勢いる

『被災地では「あの大地震が起こらなかったら…」 という言葉を何度も聞きました。 人生が変わってしまい、 今も大変な苦労をしている人が大勢いることを 忘れないでほしいと思います』 (阪神大震災から4年/明石市/30代女性)

続きを読む

水を持ち帰る方法が無く、困っていました

『地震で断水したので、 水を確保するために避難所に行くと、 自衛隊の給水車のところに 長蛇の列ができていました。 タンクなど、水を入れる物を持たずに並んでいる人もいて、 水を持ち帰る方法が無く、困っていました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

私にも同じ事が起こっていたかも

『ボランティアで 被災した方々のお話を聞きました。 私にも同じ事が起こっていたかもしれず、 他人事とは思えませんでした。 一緒に悲しんだり、笑ったりしました』 (阪神大震災から4年/明石市/30代女性)

続きを読む