未来の社会を考え、融合しなければ

『生活再建の見通しも立たない中ですが、 被災者一人ひとりが、 現在の自分だけを考えるのではなく、 未来の社会を考え、融合しなければ、 復興への出口にたどり着かないかもしれないと 思うようになりました』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む