たまには子どもとゆっくり話す時間がほしい

『震災直後にしなければならないことは、 初めてのことばかりでした。 この次に何をしなければならないかも まったくわからないまま、 その場その場で対応しました。 毎日忙しく過ごしてきたので、 たまには子どもとゆっくり話す時間がほしいです』 (熊本地震から7カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

いろいろなことに挑戦したい

『震災ではたくさんの人に 助けていただきました。 地域の復興に向けて私は、 みんなに元気を与えることや、 福祉活動など、 いろいろなことに挑戦したいです。 そして地域の役に立ちたいです』 (東日本大震災から1年/石巻市/10代女性)

続きを読む

職場の人たちとの関係性を大切に

『震災を経験したことで、 職場の人たちとの関係性を 大切にしておかないといけないなと 実感しました。 また、市外や県外との 情報交換も積極的に行わなければと 思うようになりました』 (熊本地震から7カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

震災から1年以上が経った今も

『震災から1年以上が経った今も、 ボランティアの方々が いろいろな作業をしてくださっていて、 感謝しています。 励ましてくれた学校の先生や、 一緒に助け合った地域のみなさんにも 感謝しています』 (東日本大震災から1年/石巻市/10代女性)

続きを読む

まずは身近な人たちに話していきたい

『震災の経験や、経験して思ったことを、 家族や友人、職場の同僚など、 まずは身近な人たちに話していきたい。 地域の活動や同窓会、趣味のサークルへの参加も おっくうがらずに参加して、 対話の輪をひろげていきたいです』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む

「共助」や「自治防災組織」という言葉

『震災を経験し、 防災意識が高まったと思います。 地域の方々と話をするときに、 「共助」や「自治防災組織」という言葉を よく聞くようになりました。 (熊本地震から7カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

半年ほど私の家で一緒に暮らしました

『私が暮らす地域は津波被害を受けましたが、 私の家は高台にあったため 流されませんでした。 そこで、友達や友達の家族がやってきて、 半年ほど私の家で一緒に暮らしました』 (東日本大震災から1年/石巻市/10代女性)

続きを読む

プロが及ばないメッセージを発信できるはず

『情報発信について、私たち一般人は、 情報収集力や分析力、表現力では、 プロに劣ると思います。 けれども実体験に基づいた記録や意見では、 プロが及ばないメッセージを 発信できるはずです。 震災体験を発信していきたいです』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む