消防団が発電機を設置

『停電している団地があり、 そこでは消防団が 発電機を設置してくれていました。 暗い中、たくさんの方々が、 屋外に避難していました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

不安のない落ち着いた生活に戻りたい

『震災で自宅が倒壊しました。 地区は区画整理事業が行われ、 美しく、防災に強い町に生まれ変わるとのことですが、 前の土地に戻っても、 また移動しなければならないのでは という不安がよぎります。 不安のない落ち着いた生活に戻りたいです』 (阪神大震災から3年/芦屋市/30代女性)

続きを読む

常に危険を感じていました

『地震の後しばらくは、 余震が続きました。 その度に棚がガタガタと鳴り、 地鳴りのような音も聞こえて、 常に危険を感じていました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

立ち止まっていられない

『浜では、大漁を祝う時も、 航海の安全を祈願する時も、 神に祈りを捧げます。 大津波の後、私たち漁師は これからも神に祈りを捧げるのだろうか、 と思いましたが、 後継者や子どもたちのために 立ち止まっていられないと思い直しました』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

復興事業の大きさに唖然としました

『震災から1カ月が過ぎた頃、 行政からの説明会があると聞き行ってみると、 配付資料に、区画整理事業や減歩、 清算金、換地という、 初めて聞く言葉がありました。 説明を受けて意味はわかりましたが、 復興事業の大きさに唖然としました』 (阪神大震災から3年/芦屋市/30代女性)

続きを読む

早く駐車場としてグラウンドを開放すれば

『避難所には、避難してきた方の車が たくさん押し寄せていて、止める場所がなく、 駐車場は身動きが取れない状況が続いていました。 早く駐車場としてグラウンドを開放すれば、 混乱が抑えられたかもしれません』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む

いかりが込み上げてきます

『東日本大震災により、 家も洋食移設も漁具も倉庫も、 そして2万人弱という人々まで さらっていってしまいました。 自然が相手とはわかっていても、 いかりが込み上げてきます』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

思い出のいっぱいつまった我が家の1階が

『何秒かの揺れで、 思い出のいっぱいつまった我が家の1階が 潰れてしまいました。 2階部分は傾いたまま、地面に落ちました。 家族がケガ一つなく助けられたことが 不幸中の幸いでした』 (阪神大震災から3年/芦屋市/30代女性)

続きを読む

避難のお手伝いが必要な人も

『地震が起こり、避難しようにも どこに避難すればいいのかがわからず、 困っている人が大勢いました。 また、高齢の方や体が不自由な方など、 避難のお手伝いが必要な人もいました。 手分けして支援しました』 (熊本地震から5カ月/大津町/30代女性)

続きを読む