改善されるようになりました

『避難所の利用方法で マナーの悪さが目に付くようになりました。 すると避難していた子どもたちが、 マナーを守るよう呼びかける張り紙を作ってくれて、 改善されるようになりました』 (熊本地震から9カ月/大津町/30代男性)

続きを読む

希望と誇りを持って、復興に取り組みたい

『私たちの地域は津波による被害を繰り返し そのたびに復興を為し遂げてきました。 災害からの教訓を生かし、 これからもこの地域で暮らし続けられるよう、 希望と誇りを持って、復興に取り組みたいです』 (東日本大震災から5年/釜石市/60代男性)

続きを読む

身近なことから始めればいいのでは

『震災のつらい経験は、忘れたいことですが、忘れてはいけません。どんな形でもいいから伝えないといけないんです。私は、子どもがもう少し大きくなれば、話して聞かせます。一人一人が、身近なことから始めればいいのではないでしょうか』(阪神大震災から3年/神戸市/30代男性)

続きを読む

一番困ったのはトイレ

『震災の時に一番困ったのはトイレでした。 断水して、流せなかったのです。 プールの水を使えるのではという意見が出て、 バケツリレーで水を運ぶことになり、 多くの人が協力しました』 (熊本地震から9カ月/大津町/30代男性)

続きを読む

一人一人が自らの命を守ることができるよう

『二度とこのような悲劇を起こしてはいけません。 震災の記録をきちんと書き残し、 後世に伝えるとともに、 防災意識の向上に努めることが重要です。 一人一人が自らの命を守ることができるよう 願っています』 (東日本大震災から5年/釜石市/60代男性)

続きを読む

表面的な会話で終わってしまいます

『震災後の悩みについて、 近所の人と話したいと思っても、 それぞれに悩みがあるので、 どこまで話していいものかも、 聞いて良いのかもわかりません。 結局、表面的な会話で終わってしまいます』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代男性)

続きを読む

運転中はいつも以上に注意が必要

『震災直後、車で移動しました。 細い路地では塀が崩れて通れなかったり、 停電しているエリアでは 信号が付いていなかったりして、 運転中はいつも以上に注意が必要でした』 (熊本地震から9カ月/大津町/30代男性)

続きを読む

十分に心を傾けることができていなかったかも

『三陸沿岸では、 これまでも津波による被害が 繰り返されてきました。 過去の大津波を伝える碑や教訓は たくさん残っています。 けれども私たちは、 先人が残した思いに、十分に心を傾けることが できていなかったかもしれません』 (東日本大震災から5年/釜石市/60代男性)

続きを読む

自然災害の被災地の方々が

『阪神大震災から24年がたった今、 法要や関連行事には、 阪神の後に起こった自然災害の被災地の方々が 大勢お越しくださるようになりました。 ありがたいことだと思います』 (阪神大震災から24年/神戸市/40代女性)

続きを読む

近所のみなさんと一緒に避難

『私は地震が起こってからすぐ、 職場に戻らなければなりませんでした。 家族と会えないままで心配でしたが、 近所のみなさんと一緒に避難していると連絡があり 安心しました』 (熊本地震から9カ月/大津町/30代男性)

続きを読む