避難物資も支援情報も届いていない状態

『車中泊している人たちが集まっている場所には、 運営をする人がいなかったので 避難物資も支援情報も届いていない状態でした。 それがわかった段階で、 情報を届けるようにしました』 (熊本地震から5カ月/大津町/50代男性)

続きを読む

海のある暮らしを大事にしたい

『自然災害は怖いですが、 自然には魅力があるんです。 災害から学んだことを伝承し、 自然と共存しながら生活したい。 海が大好きですし、落ち着きますから。 海のある暮らしを大事にしたいです』 (東日本大震災から6年/仙台市/30代男性)

続きを読む

今後の人生にいかしたい

『実家がある神戸には、たまに戻る程度ですが、 震災を経験しました。 テレビで神戸の様子を見ると、 今でも胸が痛みます。 被災地に早く心安らぐ日が来ることを願うとともに、 震災の経験を忘れず、 今後の人生にいかしたいです』 (阪神大震災から3年/海外/30代女性)

続きを読む

物資が余るほどある所とない所の偏りがありました

『支援のためにいくつかの避難所を回りましたが 物資が余るほどある所とない所の偏りがありました。 そこで、軽トラを使って、 余っている物資を足りないところに運ぶ お手伝いをしました』 (熊本地震から5カ月/大津町/50代男性)

続きを読む

夏休みに活動を再開しましょうと約束

『3月に地震が起こり、 5月の連休までは学生ボランティアさんが 来てくれたのですが、その後少なくなりました。 大学のボランティアセンター担当者に、 ニーズがあることを伝えると、 夏休みに活動を再開しましょうと 約束してくれました』 (東日本大震災から6年/仙台市/70代男性)

続きを読む

同じ体験をした人が周りにおらず

『出産のために実家のある神戸に戻っていて 地震に遭いました。 家族が無事だったこともあり、 その後すぐに、子どもを連れて神戸を離れました。 地震の記憶が頭を離れない中で、 同じ体験をした人が周りにおらず、 つらい日々を過ごしました』 (阪神大震災から3年/海外/30代女性)

続きを読む

マニュアルも大事

『災害発生時にどういう対応をするかを 平常時から決めておかなければ、 チームで動く事は難しいですね。 熊本地震では、周りの様子を見ながら 自分にできることをしましたが、 マニュアルも大事だと思います』 (熊本地震から5カ月/大津町/50代男性)

続きを読む

学生はいきいきと活動し、大きく成長

『大学教員として、 学生は、現場で社会問題の解決に 取り組むことが必要だと認識していました。 震災前は現場に行く機会を作ることが難しかったのですが、 震災で状況が変わり、 学生はいきいきと活動し、大きく成長しました』 (東日本大震災から6年/仙台市/70代男性)

続きを読む

些細なことに幸せを感じられるようになりました

『震災の時医学部の大学院に通っていた私は、 自宅で被災してすぐに大学に行き、 仲間とともに約1週間、睡眠を削って ケガ人の対応を手伝いました。 震災で人生観が変わり、 些細なことに幸せを感じられるようになりました』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代男性)

続きを読む

学校のプールの水を使うことで解決

『本震では、停電と断水で混乱しました。 電気は、地区が持っている 発電機と非常照明灯があったので、 避難所の照明はなんとかなりました。 次はトイレの問題でしたが、 学校のプールの水を使うことで解決しました』 (熊本地震から5カ月/大津町/50代男性)

続きを読む