利用できるものはすべて利用して、やっていこうと思います

『震災後、夫は仕事を得るために、 普通二種の免許を取得し、 タクシー運転手になりました。 けれども思ったほどの収入にならず、 生活費が足りない状態です。 けれども融資制度など利用できるものはすべて利用して、 やっていこうと思います』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む

避難所運営は、住民が行った方がうまくいく

『避難所運営は、住民が行った方が うまくいくのかなと思いました。 避難している人のことを、知っていますので。 避難所では、疲れが出て 愚痴をおっしゃる方がいましたが、 知り合いが寄り添って話を聞くと 気持ちが和らぎ落ち着きました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

なぜ共益費が必要なのか、説明が必要

『津波の被害に遭った地域は戸建て住宅が多かったので、 公営住宅に入居すると、なぜ共益費が必要なのか、 説明が必要な人がたくさんいらっしゃいます。 居住者の中から選ばれた世話役が手分けして、 説明しながら徴収に回っています』 (東日本大震災から6年/名取市60代男性)

続きを読む

年下の人に使われるのが屈辱で

『経営していた飲食店が被災し、 銀行からの借金500万円だけが残りました。 仕事を探しましたが、自営業だった自分が 年下の人に使われるのが屈辱で、 人間関係の煩わしさがない警備員を選びました。 体力的に厳しいですが、仕方がありません』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代男性)

続きを読む

車中泊の人数はわからず、手配するのも難しい状態

『届いた物資は指定避難所にいる人数分だけで、 車や自主避難所の人の分はありませんでした。 けれども、車中泊の人数はわからず、 手配するのも難しい状態でした。 知っているとすれば、地区の区長さんかなと。 連携が必要だと思いました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

近所の方々に支えられて

『高齢の夫婦二人暮らしですが、 震災後も近所の方々に支えられて、 集落に住み続けることができています。 漁にでることで、毎日健康に過ごせますし、 小遣い稼ぎもでき、孫達にお年玉も渡せます』 (東日本大震災から6年/石巻市80代女性)

続きを読む

被害が少ない中学出身の人との差を感じることも

『中学2年の1月に震災がありました。 高校受験を控え、焦ることはなかったけれど、 3年生1学期まで短縮授業が続き、 ものたりなく思っていました。 無事合格しましたが、 高校では被害が少ない中学出身の人との 差を感じることもありました』 (阪神大震災から3年/神戸市/10代男性)

続きを読む

顔見知りで仲がいいから、連携できた

『災害直後、消防団がうまく機能しました。 基本訓練は年に1、2回ですが、 地元なので上下関係がしっかりしてるし、 ほとんどが顔見知りで仲がいいから、 連携できたんでしょうね。 役場に頼らず 自分達でしなければという気持ちもありました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

住宅ローンは長く続きますので

『住宅を再建し、ローンを組んだので、 経済的に厳しい状況です。 養殖の仕事をしていますが、 継続的に収入を上げないといけないので、 仕事を長く続けられるよう 緊張感を持って働いています。 住宅ローンの支払いは長く続きますので』 (東日本大震災から6年/石巻市/80代男性)

続きを読む

親友と一緒に避難したので

『震災の時は、中学生でした。 避難所で一日を過ごしましたが 親友と一緒に避難したので、 協力しあって炊き出しに並んだりして、 心強かったです。 友達って大事だと思いました』 (阪神大震災から3年/神戸市/10代男性)

続きを読む